今日も私獣医学生は、ハムのように生きる。

獣医学生奮闘記 南の方からやって来て今年で3年目。心くらいはあったかくして過ごしたい。

抜け出せない、部活動ジレンマ

二か月ぶりの投稿。

私は新学期が嫌いだ。あの、妙にそわそわした感じと妙に慣れない空気感。

私がそれらを感じる、というより新入生のそわそわ感が私にも伝わってくるから嫌なのだろう。

でもその嫌悪感も、研究室に通っていたおかげで2,3日という最短日数で終わった。

研究してる時はなんだか自分らしくいられるからだと思う。感謝。

 

さて、私はここ二か月間、非常に悩んでいることがある。

 

ー部活を辞めるか、否か。

 

私は週5日の武道系の部活に所属している。今は3年目だ。

 

まず、なぜ辞めたいのか。

練習がつらい、きつい、そんなことは3年目にもなって悩む種ではないことはお分かりいただきたい。むしろここまで来たのだから辞めたくないに決まっている。前提として続けたい気持ちは強い。

しかし、だからこそ悩んでいる。

 

今の部活の環境にいると自分が自分らしくいられない。

 

先輩も後輩も同期もとても好きだし、何より、今やっている武道が好きだ。

しかし、週に1,2回、私は部活に行く前に動悸がすることがある。

今から部活に行くのだと考えると鼓動が早くなり、気管が締め付けられるようになり、呼吸が浅くなる。

怒られるわけでもなく、人間関係に悩まされているわけでもない。しかし何かをとても恐れ、プレッシャーを感じていた。それがどこからのプレッシャーなのか。

 

いろいろと悩んで出た結論は、「部活に対して100%の気力で臨めなくなった私を部活に出る者として自分自身が許せない」ということだった。

 

練習中、監督やコーチ、同期から責められているように感じることがある。

誰も何も言っていないのに、だ。多分この現象を心理学で「投影」というんだろう。

一年生の時のように部活が最優先、という気持ちが薄れた自分を、私自身が責めているから、他の人からも責められているように感じる。

 

健康、学業が最優先事項で、今の私にとって部活は優先順位で最下位レベルである。

それは嫌いだから、とかではなく今私が優先させたいものの順位で部活は低い位置にあるだけのことで、逆にこのくらいの距離感が一番本気で、心地よくできるところなのだ。

人間関係も一緒ではないだろうか。相手によって心地よいと感じる距離感は違うし、同じ相手であっても時間とともにその距離感は変わる。

好きだから距離感が近い、嫌いだから遠いではなく、どんな人も好きでいたいから人によって距離感が変わるのだ。

 

だが、部活は週5である。時には土日も返上する。

今の私にとっては距離感が近すぎる。

でも、それが部活だ。

部活としての規律を守るなら、私はやめるべきなのかもしれない。無理に続けると嫌いになるからだ。

でも、私は今やっている武道が好きという気持ちがある。だから、その点でいうと辞めたくない。毎回出る必要はないと自分に言い聞かせれば、以前のようにはいかないが、部活を続けることが出来るはずだ。

それとも、もっと柔軟に考えることで、続けながらも距離感を心地よい所に保ち、部活としての規律を大切にできるような他の方法があるのだろうか。

 

部活としての規律を守る事を優先させて辞めるか、武道が好きという気持ちを優先させて続けるか、それとも白でも黒でもない、ほかの色を見出せるのか。

 

このジレンマに蹴りをつけられるのは、いつになるのだろうか。